So-net無料ブログ作成

写真の明るさ デジタル一眼レフカメラ

写真の明るさをデジタル一眼レフカメラで変更する方法です。

今回は、写真全体の明るさの調整について説明します。

以前適正露出について説明しました。

復習になりますが、

基本的に自動で行っている写真の明るさ調整が、

間違っていた時の修正の事を言います。

簡単に言うと、

デジイチが間違った明るさを選択している時に、

自分で修正することですね。

写真全体を明るくすることを、

プラス補正と言います。

逆に、写真全体を暗くすることを、

マイナス補正と言います。

「ちょっと面倒そうだな~」と思った方は、

オートブラケット機能を使いましょう。

ほとんどのデジイチにこの機能は付いています。

キャノンでは、

AEB(オートエクスポージャープラケティング)と言います。

この機能は、

デジイチが決定した露出に対し、

プラス補正とマイナス補正した写真を自動で保存します。

つまり、明るさが違う3枚の写真を一度に撮影することが出来ます。

露出補正をじっくりすることが出来ないときや、

調整をするのが面倒な方にお勧めです。

しかもこの機能は、

自分でプラスマイナスの幅を決めることが出来ます。

一度のシャッターで、

露出が違う写真が3枚取れるので、

撮りなおしが利かない写真の場合は重宝します。

同じ構図で、

明るさが違う写真を撮影することが出来るからです。

しかしRAWデータならば、

後日パソコンで修正が可能です。

細かく調整したい場合は、

RAWデータでの撮影をお勧めします。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。