So-net無料ブログ作成
検索選択

簡単な桜の撮り方 デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門

花見の季節ですね。

桜の花を撮影するときのポイントをひとつお伝えします。

花びらは淡いピンク色ですが、

ほぼ白と言って良いと思います。

直射日光があたっている昼間に撮影すると、

明暗差で“白とび”という現象が起きやすくなります。

“白とび”とは、光が強すぎてその一部分が真っ白になってしまい、

色の情報を失ってしまっている現象です。

パソコンに映像を取り込んだ後の修正も出来ません。

写真自体を全体的に暗く修正しても、“白”は白にしかならないのです。

極端に明暗の差がある被写体を撮影した時に、

起きやすくなります。

一番簡単な回避方法は、

日陰になっている桜を撮ります。

また、多少お金はかかりますが、

PLフィルターを使うときれいに撮影することが出来ます。
nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。