So-net無料ブログ作成

手ブレ補正機能 デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門

今回は手ブレ補正機能について説明します。

デジイチの手ブレ補正は、

大きく2つに分類されます。

ボディに内蔵されているものと、

レンズに搭載されているものがあります。

まず、ボディに内蔵されているものです。

良い所は、カメラ本体に内蔵されているので、

ほとんどのレンズで、

手ブレ補正の恩恵を受けられます。

しかし、撮影中にファインダーで、

手ブレ補正の効果をほとんど実感できません。

ファインダーとは、カメラ本体上部にあるのぞき穴のことです。

この穴から覗いた映像は、

直接レンズを通して見ている映像です。

デジタルでもこの部分は電子機器を通りません。

デジイチでの撮影は、

ほとんどこの穴から被写体を確認して撮影します。

コンデジはライブビューモニタで確認しながら撮影します。

ライブビューモニタとは、コンデジ後部の液晶モニタの事です。

デジイチでもライブビューモニタがついているので、

バリアングル機能を使用する時等にモニタを使用します。

次にレンズに搭載されているものです。

良いところは、

ファインダーで手ブレ補正の効果が実感できるところです。

先ほどもお伝えしましたが、

ファインダーは直接レンズからの映像を見ています。

レンズに手ブレ補正機能がついていると、

手ブレ機能が働いている状態で、

被写体を確認しながら撮影できます。

しかし、レンズが重く高価になります。

nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。