So-net無料ブログ作成
検索選択

ISO感度 デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門

今回は前回お話した、

ISO感度について説明したいと思います。

デジカメのISO感度とは、

撮像素子が光を感じる感度を数字にしたものです。

通常は100・200・400・800位までを使います。

ISO感度の数値を上げると、

僅かな光の量で撮影することが出来ます。

僅かな光の量とは、

暗い場所やスポーツ撮影など、

シャッター速度を上げて手ブレを起こしにくくする場合などです。

では、ISO感度は高ければ高いほど良いのかというと、

そうではありません。

ISO感度を上げると僅かな光の量で撮影できますが、

比例して画像にノイズが入りやすくなります。

レンズを通して入ってくる僅かな光を感じやすくなっている分、

ノイズも感じやすくなっています。

ISO感度1000以上は、

あまり実用的ではないかもしれません。

この状態で撮影した写真は、

被写体の輪郭部分が粗くなったりします。

写真が全体的に“ザラついた”状態になります。

暗い部屋や夜景を撮影するときは、

ISO感度を下げて三脚等を使用しましょう。

三脚等を使用すれば、

シャッター速度が遅くてもきれいに撮影できます。
nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。