So-net無料ブログ作成
検索選択

データ 種類 デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門

今回は、データの種類について説明します。

最初にデジイチの特徴であるRAWデータ(ローデータ)です。

RAWとは、未現像状態のデジタルデータのことです。

撮像素子で得られたデジタルデータを、

最小限の加工で記録したデータです。

フィルム写真でいうところの、

現像前のフィルムといったところでしょうか。

後で加工する予定の画像ならば、

RAWで撮影することをお勧めします。

RAWの画像加工は、

画質の劣化が事実上ありません。

自分で好きな色や、

階調(主に露出補正、ホワイトバランス、ピクチャースタイル等)に

後から編集することが出来ます。

RAWを編集した後に、

JPEGやTIFF等に変換することを、

RAW現像と呼びます。

RAWの画像加工は、

何度行っても画質が劣化しません。

自分が気に入るまでやり直しても良いですし、

1枚の画像を色々なパターンで現像することも出来ます。

マイナス点はデータ容量が大きい事と、

メーカーの互換性が全く無いことです。

画像編集(現像)ソフトは、

デジイチ購入時に同封されています。

パソコンで編集(現像)するときは、

専用のソフトで行います。

さらに、パソコンで処理できる、

特殊な画像加工のソフトも同封されています。

このソフトはニコンだけ有料(最初の1ヶ月は無料)になっています。

他のメーカーは無料で使用することが出来ます。

また、RAW現像はカメラ本体でも行うことが出来ます。

データの保存設定をJPEGにした場合、

撮影 → RAW → 現像 → JPEGで保存になります。

もちろん、撮影後に自分で選択して現像することも出来ます。

さらに、画像加工もデジイチ本体で行えます。

ただ、パソコンの方が画面も大きいですし、

作業も行いやすいです。

ニコンは、特殊画像編集ソフトが有料なので、

購入しなければデジイチ本体で行うことになります。

(RAW現像のソフトは無料です。)

次にJPEGです。

一番ポピュラーな画像データの規格です。

パソコンなどで扱われる静止画像のデジタルデータを、

圧縮(暗号化してデータのサイズを小さくする)する方式のひとつです。

RAW現像に慣れるまでは、

JPEGでも保存したほうが良いかもしれません。

面倒な設定をカメラが決定し、

圧縮して保存してくれます。

修正したい画像が有る場合だけ、

RAW現像を行うようにしましょう。

1000万画素のRAWは約10MBです。

JPEGに圧縮すると3MB(L・NORMAL)ほどになります。

JPEGの圧縮率は色々あります。

“画像サイズ”は、L・M・S の3種類です。

LでA3サイズ、SでA4サイズのプリントが可能です。

“画質モード”は、

FINE 高画質で、元データの約1/4のデータサイズです。

NORMAL 標準画質で、元データの約1/8のデータサイズです。

BASIC 低画質ですが、元データの約1/16のデータサイズです。

その他、SUPERFINE 最高画質など、

各メーカーで名称が違うものもあります。

印刷する写真のサイズに合わせて、

画像サイズ・画質モードを設定してください。

nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。