So-net無料ブログ作成

構図 デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門

今回は、構図を決めるポイントを3つお伝えします。

・ 立ち位置

構図を決める上で大切なポイントは、

どこから被写体を撮影するかということです。

つまり、どの位置に立って撮影するかということです。

被写体の正面からだけでなく、

斜めや後ろからなど自分自身が動くことが大切です。

その際、被写体との距離にも変化をつけたりしましょう。

・ アングル

アングルとは、

主に写真を撮る高さのことです。

アイレベル→目の高さと同じアングル

被写体が身近に感じられます。

ローアングル→下から見上げたアングル

被写体が強く迫力ある大きなものに感じられます。

ハイアングル→上から見下ろしたアングル

被写体が可憐で小さなものに感じられます。

上中下にカメラの位置を変える方法です。

・ 光

光は写真撮影で重要なポイントになります。

光の方向、

光の強弱・影の明暗を考えて構図を決めましょう。

例えば、

人物撮影ならば強い直射日光を避け、

少し雲がある日を選べば強い影が出ません。

色鮮やかな花を撮影するときは、

背景が少し暗い状態で撮影すると鮮やかに撮れます。

被写体に対して正面から光が当たる場合を順光。

逆に、後方からあたる場合を逆光。

横方向からの光を斜光といいます。

nice!(1)  トラックバック(0) 
Copyright © デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。