So-net無料ブログ作成

夜景 デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門

今回は、夜景の撮影のひとつで、

人物を一緒に撮影するときのポイントをいくつかお話します。

夜景撮影は設定が面倒です。

必ず三脚なども必要になってきます。

三脚が使えない場合は、

カメラを固定できる場所を見つけましょう。

テーブルや手すりなどを利用すると良いと思います。

レンズですが、

出来ればF値が小さい明るい広角レンズを用意します。

デジイチの設定には、

「夜景ポートレート」と言うモードが有ります。

このモードは、

夜景と人物を綺麗に撮影する為のモードです。

フラッシュを利用して人物をきれいに写すので、

人物とカメラの距離は5メートル以内にしましょう。

また、撮影された人はすぐに動かず、

出来るだけシャッターが下りるまで同じ姿勢を保ちます。

そうすれば、人物がぶれずに撮影することが出来ます。

三脚を使用するときは、

手ブレ補正をオフにしましょう。

また、リモコンやセルフタイマーを使用すると、

シャッターを押したときのブレがなくなります。

夜景が一番美しく撮影出来る時間は、

日没から20分位経った頃だと言われています。

空はうっすら明るく、

夕焼けの赤と夜の黒が絶妙なグラデーションを作ります。

逆に、日の出前の時間も同じようにグラデーションが綺麗です。

空が真っ黒になる夜景撮影と、

限られた時間しか撮影出来ないグラデーションの空の撮影。

どちらも人物を入れての撮影が可能です。

出来るだけフラッシュは使わないほうが良いですが、

夜景ポートレートモードで発光する場合は仕方がないかもしれないです。

フラッシュがなければ、

シャッターが押せない可能性があります。

フラッシュの光量を調整することも出来るので、

自分流を探してみてください。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
Copyright © デジタル一眼レフカメラ 初心者 入門 All Rights Reserved.
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。